2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック

« 第55期王位戦7番勝負第2局中継解説のお知らせ | トップページ | 第73期B級順位戦4回戦VS稲葉陽七段まとめ(予定) »

第73期B級順位戦2回戦VS中田宏樹八段まとめ

昨日、[中田宏樹八段(日本将棋連盟公式・以下特記なき場合は同様)]と対戦した一局の感想や所見をまとめたい。
[名人戦棋譜速報]の再現盤面に付随する解説も、感想戦を反映した更新こそされていないが今一度お見比べ下されば何よりだ。

前局までは全て私が角道止め四間飛車を選択し、1勝3敗となっていた。
今回は先手なので、昨今のテーマである角交換・角道オープン向飛車も採用し易いが、いざ蓋を開けてみて▲7六歩△8四歩の出だしで戸惑った。
前局とは異なるが昨今中田先生がご多用の様なので、5筋位取り中飛車含みの▲5六歩か8八飛型への最短距離を行く▲7七角・両方を保留する本譜の▲1六歩の内いずれかを心して置くべきだった。
端突きに△8五歩▲7七角△3四歩なら▲8八飛で角道オープンが確定するが、単に△3四歩なので▲5六歩△8五歩に▲2二角成△同銀▲8八飛を決行した。
先手陣の5七が気になるが、△5七角には▲6八銀から馬を作らせて直ぐに消せる仕組みになっている。
中田先生も自重して△1四歩と陣形を整備し、私も▲6八銀と同調してお互い囲いを目指した。

後手の囲いは2三銀型居飛車穴熊を含みにいったん片銀冠か、ノーマル居飛穴を視野に手早く片矢倉かの何れかになる。
手損ながら2二銀型を強要したので、左美濃はあり得ないのみならず手得が薄れても固く組み替えるかが問題となる訳だ。
先手の囲いは5六歩型のフォローと1筋の突き合いの兼ね合いで振飛車穴熊は微妙なので、片美濃から片銀冠か木村美濃に組み替える展開となる。
木村美濃で5七角の打ち込みに備えてから▲7七銀と攻勢を匂わせ、後手の対応を利用してポイントを挙げる狙いも有力だが、片銀冠か高美濃囲いの方が玉も固く自然だろう。
後手が片銀冠なら先手が相似形で追随すると手損の分つまらないので、中央がお留守になる内に高美濃から▲5五歩~▲5六銀型を構築する展開が有力だ。
本譜は片矢倉だったので、片銀冠から仕掛けの機会を狙うに至った。

21手目▲5七銀から△7二銀に▲3六歩は早々の意思表示だが、替えて▲7七桂△7二銀▲8九飛から▲8五桂△同飛▲8六歩の逆襲を見せ、桂を起用して対抗すべく△7四歩と突いた時に▲5七銀と片銀冠を目指す順も有力だった。
△3五歩には▲4六銀と反応すれば、王手飛車があり△3四銀と応援できない。7四歩型での組み合いなら後手は一手の遅滞以上に右翼への金銀集結に支障があり、本譜とは大分展開が違っていた。

私が片銀冠を優先し、中田先生が金矢倉か銀矢倉に進展させる展開から30手目△4四歩で昼食休憩となった。
どこかで4六銀型から▲5五銀の揺さ振りや▲3五歩の交換を目指す積極策を取りたかったが、直ぐ▲4六銀でも△5四銀▲7七桂と△6五銀を防いだ時に△7四歩と突かれると、△7二飛の揺さ振りに▲6六銀と応援する筋が効かない。
後手が△4三金右と金矢倉を完成させた瞬間の▲4六銀でも、△7四歩▲5五歩△6三銀とのらりくらりされて7筋を受けにくくなる。
4二金右型に比べると、金矢倉は角の打ち込みの隙が大きく△4三銀の組み替えにも不向きだが盛り上がりには向くので、もはや銀捌きに固執せず▲4六歩と先受けすべきだった。

本譜は余り見掛けない△4五歩を警戒せず▲8九飛と引いたが、直後の36手目に決行されて痺れた感じだ。
▲4六歩△同歩▲同銀で支障ない積もりが狙い澄ました△7四歩で忙しく、8九飛~6九金型でもあり反撃が難しい。
▲5五歩△同銀▲4五桂は△4二銀と引かれ、▲5六歩△4四銀▲4六歩△7四歩▲6六銀の受けに△6二飛から△6五歩の決戦を狙われて持たないだろう。
▲2五歩は1筋の突き合いを咎めるべく1~2筋に勢力を求めた物だが、△4四銀に直ぐ▲2六銀と受けるべきだった。
▲6八金△3三桂を入れて▲2六銀と上がれば端への睨みが効くかと思ったが、断固1歩を入手する△3五歩で仕掛けの糸口を掴まれてしまった。
直ぐ▲2六銀なら将来の△3五歩▲同歩△3六歩も視野に△7四歩▲4八銀△7二飛と動いて来るが、7筋を守りつつ▲5七角と据えて将来の1筋攻略を目指せば未だ良い勝負だっただろう。
1時間40分の長考で2六銀型を甘受する積もりが、逡巡があり勝手読みに至った次第だ。

△3五歩に反発なら▲4六歩が筋だが効かしの△3六歩▲同銀△3五歩か溜めの△3三桂で、6八金が遊んでいる分悪そうだ。
交換に甘んじてから▲4六歩と突き△同歩▲同銀△4五歩なら▲3五銀とぶつけてと考えたが、ここで△3三桂が格調高い印象の一手だった。
今度△3五歩と再起動されては堪らないので、47手目▲4五歩から△同桂▲同桂△同銀右▲3七桂と押し返しに行ったが、味良い△3四銀に▲4五歩と効かした物の平然と△同銀左▲同桂△同銀と清算されてしまった。

貴重な手番で夕食休憩を選択してお昼同様の外食の合間に考えたが、駒割りこそ互角な物の遊び駒の有無や囲いの安定度を考慮すると躊躇できない。
▲4九飛は△4四歩又は△3三桂で切り札を無駄にした感があるので、57手目▲6三角と絡み銀冠の2七銀を狙う△4四桂を先受けしたが、先手玉のこびんも狙う△3三桂と受けられた。
6三角を追われると3三桂が躍動しそうなので、▲2四歩△同歩▲3五銀と玉頭を手厚くしつつ3三桂への圧迫を試みたが、▲4一角成を消しつつじっと△3一玉が中田先生らしい見切りの妙だった。

▲4四歩と叩ければ3一玉型を咎められるが、先手で1歩補充する筋がないので63手目▲5八金から遊び金の活用を図り好機を伺った。
対して△4四歩は奇異な印象で△5四銀▲8五角成△6五桂の猛攻もあっただろうが、▲4七金左に△2五桂が待望の活用となる。
私としては自分から8五歩を掠めるのは筋悪で気が進まず、結局桂跳ねに▲2四銀と1歩を補充したが空振りの感があり▲2六歩の機会も望み薄そうだ。

果たして浮き駒でもある2四銀を踏まえて68手目△5四銀を決行され、▲8五角成を甘受した物の△4五桂が厳しく自然な▲4八銀に両取りの△6八角が決め手となる。
因みに△6五桂なら▲7五馬△7七桂不成から8筋突破を図る展開で後手優勢だが、先手玉に肉薄してはっきり手勝ちなら遠巻きにする必要はないだろう。
やはり▲7五馬と質駒状態を解消しつつ専守防衛したが、2枚の桂が良く3七のこびんに効いている。

△5七桂成▲同馬はあり得ないとして馬へのアプローチで後一押しを図りたい所、△7四歩が味良く▲6六馬なら△6五歩が▲同桂△6二飛が絶好の追撃となる。
▲6四馬が攻防の様でも落ち着いて74手目△6二飛と活用し、後手飛車の成り込みが防げない情勢で香得の▲9一馬に△3七歩▲4八金右を効かして△6七飛成と飛び込まれた。
以下は▲3五香に△3八歩成▲同金△3四歩とくさびの歩を消去させたが、一時凌ぎに過ぎず形勢挽回には寄与せずに102手目△4八角と囲いに肉薄された所で投了となった。

--------------------------------------------------------------

今後修正を加える自信はあるにせよ完敗という感じなので、1勝1敗という成績は惜しまれる物の本局自体への切り替えは付いたと思う。
来月27日の一大決戦もさりながら対局は上旬までお預けとなったので、目まぐるしく過ぎ行くにせよ一日一日成果を挙げたいと思っている。

追記
[詰将棋パラダイス(公式)]
が7月号で通算700号を迎えた。
心より慶賀申し上げたいが、あの表紙イラストは正直頂けない。
去る7/7(月)夕方に、東京将棋会館で第27期[竜王戦]決勝トーナメント・VS[三浦弘行九段]夕食休憩中の[糸谷哲郎六段]と会った。
自然と馬鹿っ話に発展したので、入り口カウンターに置かれていた当該誌を示して「要するに薄い本のノリだよな」と振ったら、「実際薄いですしね」と相槌を打ってくれた。
幾ら彼の流儀であれ、そんなこんな話で調子を狂わせはしなかったかと心配しつつ家路に就いたが……

« 第55期王位戦7番勝負第2局中継解説のお知らせ | トップページ | 第73期B級順位戦4回戦VS稲葉陽七段まとめ(予定) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

個人対局」カテゴリの記事

窪田自身」カテゴリの記事

コメント

常々ご覧頂き恐縮です。
お名前に関しては相変わらずとして(苦笑)、実は七夕の短冊にも当面の降級点消去を祈願したばかりです。
来月は久々に対局が目白押しですが、切り替えた調子で旧正月の牽牛織女に見守られつつ下旬の一大決戦まで駆け抜けたいです。
糸谷君との対談?に就いては、「アマチュアリズムが商業主義に悪用されている。要するに……」という文脈で相槌を打って貰った次第です。
当該誌表紙に関しても、『確かにそう(註:モデルが私の指摘通りの御仁に)見えますね』と言ってくれました。
改めて[日本将棋連盟]の当該紹介ページを確認して意を強くした次第ですが(苦笑)、正式な問題提起にはご当人に限らず私以外に適任者がおいでだと見なしています。
糸谷君がMTG以外のゲームに通暁している件は寡聞にして存じませんでした。
肝心の?“薄い本”ですが、ポップカルチャーの一翼として周知されている即売会系同人誌の中でも、二次創作系の商売気旺盛な代物に言及した積もりです。
但し、業界では主に対象年齢層が限定された二次創作系全般に用いられているかも知れません。
それはそれで論旨が明確化こそすれ逸脱はしないでしょうし、糸谷君も一々確認必要なしと判断した筈です……

順位戦お疲れ様でした
残念な結果でしたが、まだ始まったばかりですので第3局も引き続き頑張って下さい!
と言っても既に気持ちを切り替えていらっしゃる窪田先生は、流石プロですね

「薄い本」で反応できる人は間違いないでしょうね
糸谷さんといえば、ファミコンやり放題の駄菓子バーで、テレビのインタビューを受ける動画がニコ動にありますから、彼もそっち系に強そうですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65884/59999107

この記事へのトラックバック一覧です: 第73期B級順位戦2回戦VS中田宏樹八段まとめ:

« 第55期王位戦7番勝負第2局中継解説のお知らせ | トップページ | 第73期B級順位戦4回戦VS稲葉陽七段まとめ(予定) »

ブログパーツ

  • TweetsWind
    吹き流されない程度に拙つぶやきの風をお感じ頂きたい
  • Twitterリンクをフォローする
    拙アカウントを未だフォローしておいででない方はこちらからもどうぞ
  • Twitterリンクを共有する
    拙ウェブログのアドレスをご紹介なさりたい方はこちらからどうぞ
  • @YoshiyukiKubotaへツイートする
    単発でも遠慮なくツイートをご送付頂きたい
  • #shogi をツイートする
    将棋に関する話題がおありの方はこの機会にどうぞ
  • BlogMail
    返事無用!のご意見ご感想をお気軽に。
    正式なご連絡の場合は各種必要事項をご記入あれ
  • 名人戦番勝負及び順位各組回戦対局日程
    名人戦番勝負及び順位各組回戦の対局予定が、一目瞭然!
    詳細は是非ご契約を
  • 日本将棋連盟モバイル 中継予定
    ライブ中継予定が気になるが、週刊将棋も対応端末も手元にない!
    そんな折りにも慌てずに
  • インターネット人権侵害問題対策バナー9
    相手が先輩であれ後輩であれ、ブログ記事等での人権侵害(名誉棄損他)の当事者化はNGと痛感中
  • 電力使用状況お知らせブログパーツ TEPCO版
    視覚的効果に依る、電力消費抑制にお役立てを

お薦め棋界関連書籍

無料ブログはココログ

ウェブページ