2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック

« No.02の傍観者 | トップページ | 更新履歴 »

第67期C01級順位最終11回戦VS△北島六段結果報告

本局は18日02時13分・261手にて▲窪田六段の勝利となった。
持ち時間06時間の内、残りは▲00時間07分・△00時間01分。

窪田は08勝02敗で今期C級01組順位戦全対局を終了した。
唯一の09勝01敗者・安用寺孝功(たかのり)五段に続く残り01名の昇級者は、上記成績の筆者となった。
尚、筆者と同成績の広瀬章人(あきひと)五段は順位差に依り惜しくも次点となった。
C級01組順位戦特集記事及び今週全対局分のdataは、[週刊将棋03/25号(週刊将棋 Online)]でのご参照をお勧めする。

« No.02の傍観者 | トップページ | 更新履歴 »

個人対局速報」カテゴリの記事

コメント

さりげなく優しいコメント、ありがとうございます。昨今の事情に疎い当方の不注意なmistakeでした。将棋会館に足繁く通っていた小中学生の頃の記憶が未だにに強いもので(まことにのどかな時代でして、まだ子供が珍しかったこともあり、親切な事務の方が仕事の合間に手書きで写した[当時の小生が応援していた大内三段/四段の]棋譜を下さることなどもありました。) そうか、今や「三枚目」は生涯に一度あるかないかというほど遠い存在なのですね。笑いをとるのが誰にも不可能に近くなってしまったのはいささか残念です(笑)。

@Geckさんへ
精神力の何たるかを実感しました。遠回りをした分得る物もある様です。

@VincentVegaさんへ
実は連盟内に留まらず同世代との交流面で物足りない感じですが、そんな方の声として伺うと又励みになります。
宮田五段○VS▲広瀬五段は一瞥もしませんでしたが、数千光年彼方の宇宙艦隊決戦の様に思い起こす時もありました。

@飛竜さんへ
豊川新B01級・七段との距離を減らすべく闘い抜きたいです。

@しろクマ−さんへ
お名前を拝見すると、励みをもたらしたいお相手が増えそうです。淡々とした記述が苦手ですので、お咎めがない限りは非TV棋戦速報を続けて行くつもりです。

@ゆきさんへ
大殊勲者たる宮田君にも感想戦後に話しましたが、「支援すると支援が返ってくる」と思います。
彼の【ドラえもん】愛好と、某八段の名台詞に絡めて一言「私の秘剣電光丸が、良い太刀筋を見せてくれました」。

@masa@ホネツギマン×さんへ
腕力だけですと読まれてしまいそうですので、強靱さ(体力?)も高めて上を目指したく思います。

@たまさんへ
B02級にも一時代を気付いたveteransの先生方が多いですので、感慨深く対局に臨む事になるでしょう。

@どらさんへ
「足枷としての降級点を棄てるのは、春に呪われたコートをぬぎすてるも同様のことで、感傷だけが問題となることであった」とうそぶいて置きます。

@むむむさんへ
名人戦迄間がありますので、他のtitle戦を眺めつつにせよ心臓を労って下さい。

@sayanyanさんへ
「三月的獅子」になれました。
遙かに資格のある方が逃されてしまいましたが、来期に対戦出来るか楽しみにしています。

@将棋・将棋動画のブログ@はむさんへ
私は未だ「共有万能!」という訳ではありませんが、喜びはこれからもそうして行きたいです。

@洋志さんへ
昨今ご無沙汰している方からのお労いは、又格別です。

@こみゅさんへ
mailとcommentと両方頂いて両手に花の心持ちです。ご隠居さんにも宜しくお伝え下さい。

@Pocketさんへ
逍遙学派気取りなのか東京将棋会館内をうろうろしてしまいます。
表情や独り言も精神に波及しますので、B02級対局でも勝つ迄は厳しく戒めるつもりです。

@いいむらさんへ
お互いに、web版free百科事典の「05/18産まれの有名人欄」を賑わせて行きましょう。

@茨城県民さんへ
普及事業も含めてなかなか茨城県内でゆっくり出来ませんが、「甘いcoffee」を啜りつつ県民の皆さんの声に思いを馳せる事にします。

@welshrabbitさんへ
銀杏記者は昨日お会いした限りでは普段通りでしたが、東海道も一跨ぎのご活躍振りに脱帽です。「魔術師提督の後輩司令官」位の重みがある方ではと準えています。
以前、兄弟子たる武者野勝巳七段から「80手用棋譜から150手用棋譜へはわしが育てた」旨伺いました。「80手×2」でなく「150手+10手」基準ですと些か締まらないですね。
webの普及でネタをどんどん披露する流れになっている様ですが、真のそれは「名も無し名人芸」から産まれるかも知れません。

 まだ喜びに浸ったまま、昨日は過去6年間の窪田六段のC1時代の順位戦棋譜を次々に並べ返して感慨に耽っておりました。将棋世界「名局セレクション」に取り上げられた宮田敦史五段との今期竜王戦もいま一度。順位戦最終局で並外れた強さを見せつけた宮田五段が相手であるだけに、感銘深いものがあります。
 昨今の銀杏記者の獅子奮迅と申しますか一騎当千と申しますかのご活躍ぶりを目の当たりにして「千手観音」という命名の卓抜さに感嘆している次第ですが、流石の千手観音も超ご多忙の中でいくつかの careless misses を犯されたようで、指し手や変化手順に関するものは連絡して訂正してもらったのですが、妙に気に入ったのでそのままにして悦に入っているものもあります。それは227手目▲1六香の場面につけられた下記のコメントです。
[今期順位戦で窪田は180手越えの将棋は4局目(!)。「2枚目の男」の二代目といえようか。]
 実際にも男前であられるのだから、これもまたいいか、と・・・。たぶん今後も訂正されずこのまま歴史に残るでしょう(笑)。
 見るからに曲者揃いのB2で、窪田先生の個性がますます大いなる異彩を放つことを今から心待ちにしております。

窪田先生昇級おめでとうございます。
B級2組での昇級も期待しています。


昇級おめでとう御座います。
私と同じ昭和47年5月18日生まれのピカ一・窪田六段のこれからのご活躍に心から御期待いたします。
今期1年間お疲れ様でした。

こちらへのコメントは初になりますが、

ほんとうにおめでとうございます!!
B2での更なるご活躍を楽しみにしています!!

昇級おめでとうございます。
昨夜小用のついでに、将棋会館の方に寄らせていただいた時に、先生と階段ですれ違いました。
その時、少し苦しそうにお見受けしたので、苦戦されているのかと思いましたが、素晴らしい将棋で快勝・昇級され、胸が熱くなりました。
B2では更なる強豪との、鍔迫り合いの争いになると思いますが、窪田流の切れ味鋭い将棋で勝ち進むお姿を、楽しみにしています。

 昇級おめでとうございます。良くぞ折れずに勝ちきりました。更なる高みを目指して飛翔を(註:末尾に投稿者の個人情報を具体的に推測出来る箇所がありましたので、改訂致しました)。

昇級おめでとうございますヽ(´▽`)/

直接、お祝いのコメントが残せる事が嬉しいです。
B2組でも頑張ってください。

おめでとうございますhappy01
今年のご活躍も楽しみにしています。

おめでとうございます!

いやいや、それにしても心臓に悪かった。

B級2組昇級おめでとうございます。
C級2組で降級点二つもらってから、
B級2組まで昇級したのは窪田先生が初めてだとか。
崖っぷちから這い上がってきた窪田先生には頭が下がります。
来期も素晴らしい将棋を期待しております。

おめでとうございます。
B2は地力のあるベテラン揃いですが、みてみたい相手が多そうですね。

昇級おめでとうございます!
窪田先生の腕力ならAクラスまでいけると思います。
クラスが上がれば対戦相手もきつくなると思いますが、応援しています( ゚∀゚)彡

おめでとうございます!
窪田先生らしい大熱戦でした。
スーパー敦君のアシストも大きかったですかね。
今後益々のご活躍を期待し、
応援させていただきます。

最後に重ねて、
B級2組への昇級、本当におめでとうございます。

淡々と書かれた昨日の結果ではありますが、窪田先生遅くまでお疲れ様でした。
一ファンとして、おめでとうございます!と言いたくて書き込みます。本当に昇級おめでとうございますsign03

昇級おめでとうございます!
B2組でもご活躍されることを期待します。

昇級おめでとうございます!!
普通の将棋二局分以上の長々手数で、レースの最終局を飾るに相応しい大熱局だと感じました。
今期は本当にお疲れさまでした。

早い右桂跳ねから銀冠築城前にもかかわらず玉頭の歩を▲2五まで伸ばす構想は、自分には怖くて浮かばないだけに序盤から参考になりました。
そこから後手がどうやって攻めを継続するのか興味深かったのですが、意外にも駒組みの建て直しに方針を変えざるを得なかったようでは、素人目にも先手が良さそうな展開に映りました。

その後は中継コメントも終始振り飛車有利な調子だったし、途中で宮田五段が勝利した時点で自分的には8割がた昇級は決まったような気分で観戦できました。(実際には持将棋にもつれる危険もあったのかもしれませんが)

自分は窪田六段と同世代なこともあり、今回の昇級にはたいへん力づけられました。
ともあれファンの立場としては、この勢いのまま連続昇級を期待しています!

昇級おめでとうございます。
最後の最後まで緊迫した将棋で見ているほうもなんだか緊張しました。
来期B2でも尚一層のご活躍をご期待申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65884/43374455

この記事へのトラックバック一覧です: 第67期C01級順位最終11回戦VS△北島六段結果報告:

» 順位戦C1最終局 [将棋・将棋動画のブログ〜羽生善治を超えるのは誰だ?〜]
◆本日の将棋ランキング◆将棋情報満載であります【PR】 情熱大陸DVD★羽生・渡辺・佐藤・谷川 【PR】17(火)に順位戦C級1組の最終局が行われました。昇級決定は以下の2人安用寺 孝功六段窪田 義行六段一方、降級決定が岡崎 洋 六段小倉 久史七段...... [続きを読む]

» スーパーあつし君の好アシスト!? [まさる接骨院施術録(まさる接骨院オフィシャルブログ)]
昨日、順位戦C級1組最終戦が行われた。 関西の名門・森信雄門下の安用寺孝功五段(2月10日付で六段に昇段)が既に昇級昇段を決めており、残りの一枠を広瀬章人五段と窪田義行六段で争うという展開。 広瀬五段は自力であったが若手実力者で《天才》と異名をと....... [続きを読む]

« No.02の傍観者 | トップページ | 更新履歴 »

ブログパーツ

  • TweetsWind
    吹き流されない程度に拙つぶやきの風をお感じ頂きたい
  • Twitterリンクをフォローする
    拙アカウントを未だフォローしておいででない方はこちらからもどうぞ
  • Twitterリンクを共有する
    拙ウェブログのアドレスをご紹介なさりたい方はこちらからどうぞ
  • @YoshiyukiKubotaへツイートする
    単発でも遠慮なくツイートをご送付頂きたい
  • #shogi をツイートする
    将棋に関する話題がおありの方はこの機会にどうぞ
  • BlogMail
    返事無用!のご意見ご感想をお気軽に。
    正式なご連絡の場合は各種必要事項をご記入あれ
  • 名人戦番勝負及び順位各組回戦対局日程
    名人戦番勝負及び順位各組回戦の対局予定が、一目瞭然!
    詳細は是非ご契約を
  • 日本将棋連盟モバイル 中継予定
    ライブ中継予定が気になるが、週刊将棋も対応端末も手元にない!
    そんな折りにも慌てずに
  • インターネット人権侵害問題対策バナー9
    相手が先輩であれ後輩であれ、ブログ記事等での人権侵害(名誉棄損他)の当事者化はNGと痛感中
  • 電力使用状況お知らせブログパーツ TEPCO版
    視覚的効果に依る、電力消費抑制にお役立てを

お薦め棋界関連書籍

無料ブログはココログ

ウェブページ