2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック

« 第22期竜王戦05組予選01回戦VS飯野七段報告 | トップページ | 天王山山脈横断 »

灼熱の初日の出

【羽海野チカ「3月のライオン」2巻発売!(Young Animal Web】から未だ01月も経っていないが、話題横溢して目の回る感じになっている。
そんな中で本誌【24号】掲載のChapt.23を鑑賞した(以降、ネタバレにご用心あれ)。

今回に関しても02流棋士風情の出る幕ではないが、一応気付いた点をば。

快方に向かう病床で新年を迎えた零君への元へは、年賀状が02通しか届いていない。
内01通は二海堂君で当然として、初登場?の神宮寺嵩徳(たかのり?)会長から送られたもう01通に関しては、

要するに選挙が近いんじゃろう?(アレクサンドル=ビュコック・OAV版【銀河英雄伝説】第01期12話『帝国領侵攻』依り引用)

と冷めた呟きを漏らす自分を見出した。
尤も棋士全員に送ったとは何処にも記載されていないし、現実の日本将棋連盟では'08年度05月の定例総会での理事選挙は行われなかった(会長は当選後に理事内で互選される)。
選挙活動にせよ公職選挙法並の厳密な規定は存在しない以上、こまめな努力として評価すべきだが。
活躍中の元中学生棋士ともなれば連盟気付けでfansからの年賀状が相当数舞い込んで来る筈だが、風邪が残る零君の頭では思いを馳せる余裕がないだろうと辻褄合わせして置く。

正月早々、灼熱の輝きを放つ初日の出の様なご仁が川本家へ来訪した。
この美咲女史のお陰で、川本家03姉妹の母親の名前が『美香子(みかこ?)』と判明もした。

美香子も
おばあちゃんも
2人でせっせと
おせち作ってた
っけな(P.48 02齣目依り引用)

と故人達を具体的に述懐しており、

美香子も男運さえ悪くなければねえ

等と嵩に掛からなかった点が不思議な位だ。

姪たるあかり嬢を自分の経営するclubで働かせ続けている件で父・相米二(そめじ)に難詰された折は、

大丈夫
お店ではあかりに指一本
触れさせないわ
ううん…
むしろ
触れさせずに
お金だけ巻き上げる
……っていうか
なんていうの…こう…
「触れられない」からこそ
「やっき」になって
お金をつぎ込む男の習性を
こう…
ぐっとね☆(註:P.47 01齣目依り引用)

と俠気?溢れる表情で力説している。
「YA誌ならではの婦徳を陵辱蹂躙している」と弾劾すべきか、「昔は我が棋界も棋士のそんな手に乗って下さる大旦那さんばかりだったのに」と嘆息して見せるべきか(微苦笑)。

あかり嬢が丹精したおせち料理を前にして美咲女史とあかり嬢は、

(註:美咲)「達成感」って
毎日を生きて行く上で
すっごい重要な
エネルギーよね
(註:あかり)「達成感」と「めんどくささ」はもれなく(註:斜体字部分に傍点)セットになってるのがねー(P.49 02齣目依り引用)

と語り合っている。
美咲女史には激しく同感する。
零君は棋士になってどうにか達成感を得た物の、肝心の新たな目標に向けたenergyが得られなかった事になる。
片やあかり嬢は、「充分な達成感を得るには過程で程良く面倒臭さと面白さを享受し、最後に一定の成果を得る必要がある」という作業の道理が判っていない(面倒臭さが強いと結末で開放感・面白さが甚だしいと同じく寂寥感が優位に立つ)。
「hostess勤めで達成感を得て気が付いたら、目の前の客が渋面を作っていた」経験の有無も心配でならない。
因みに対局に関しては勝敗が達成感の要となる訳だが、増してや攻守及び形勢優劣のいかんを問わず「面倒臭い」と思った瞬間に地獄門の扉が音もなく開いてしまうだろう。

零君は冒頭の夢で奇跡的に!!!母親及び妹のちひろちゃんとの楽しかった頃を思い起こし、末尾では

この古い家が
時間と みんなと 全部を
そして僕の事まで
そっと包んで まどろんでいるような気がした(P.51-P.52依り引用)

としみじみした安らぎに浸っている。
零君は昨年に嫌と言う程啓発の機会を与えられた。
美咲女史との会話は殆どなかったが、川本家が団欒を演出する陰に漂う哀愁を感じずに済んだ点は彼女の存在と無縁ではないだろう。
年が改まっても、強引な思考且つ行動力溢れる人物の存在&行動が欠かせないと予感する。

連載scheduleも作中時間も氷河の流れのようにゆっくり進んだが、今度は新年早々の指し初め式が語られて欲しいと思う。
【鳩森神社】で挙行される将棋堂祈願祭の厳粛さはどう描かれるだろうか。
東京将棋会館04Fに舞台を移し、特別対局室で催される指し初めや大部屋で開かれる新年会の賑やかさとの対比も興味深い。

昨日-「△(指し掛け)leftright」。午前依り拙宅でVS田中悠一四段。金井恒太(こうた)四段が良く家にも来ているそうで、彼とも上手く接点が出来ればいいなと思うし、02人一緒の折に話す機会も少なくない。どうも年の近似した棋士の友人が乏しいので羨ましくさえある。
本日-「△(指し掛け)leftright」。午前中から拙宅でVS杉本和陽(かずお)三段。抜群の手応えで、「今回の
[三段リーグ(日本将棋連盟公式)]で或いは?!」と感じ入った。後生畏るべし。森内俊之(としゆき)九段渾身の新刊[矢倉の急所(Amazon.com)]を早速買っていたので捲らせて貰った。精緻な構成に唸りつつも『宮田(敦)六段』といった記載を02箇所で発見した物の([連盟公式])近い将来の予告めいているせいか、「(俺が)勘違いしてたかな?」と呟いてしまった。棋士は威信の担保が枢要だと、今日も盤上で痛感したばかりだったが・・・

こよいは、ここまでにいたしとうございます(by【大井夫人@武田信玄】終話挨拶依り)sun

« 第22期竜王戦05組予選01回戦VS飯野七段報告 | トップページ | 天王山山脈横断 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

主要趣味」カテゴリの記事

将棋作品」カテゴリの記事

将棋界」カテゴリの記事

窪田自身」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65884/43401872

この記事へのトラックバック一覧です: 灼熱の初日の出:

« 第22期竜王戦05組予選01回戦VS飯野七段報告 | トップページ | 天王山山脈横断 »

ブログパーツ

  • TweetsWind
    吹き流されない程度に拙つぶやきの風をお感じ頂きたい
  • Twitterリンクをフォローする
    拙アカウントを未だフォローしておいででない方はこちらからもどうぞ
  • Twitterリンクを共有する
    拙ウェブログのアドレスをご紹介なさりたい方はこちらからどうぞ
  • @YoshiyukiKubotaへツイートする
    単発でも遠慮なくツイートをご送付頂きたい
  • #shogi をツイートする
    将棋に関する話題がおありの方はこの機会にどうぞ
  • BlogMail
    返事無用!のご意見ご感想をお気軽に。
    正式なご連絡の場合は各種必要事項をご記入あれ
  • 名人戦番勝負及び順位各組回戦対局日程
    名人戦番勝負及び順位各組回戦の対局予定が、一目瞭然!
    詳細は是非ご契約を
  • 日本将棋連盟モバイル 中継予定
    ライブ中継予定が気になるが、週刊将棋も対応端末も手元にない!
    そんな折りにも慌てずに
  • インターネット人権侵害問題対策バナー9
    相手が先輩であれ後輩であれ、ブログ記事等での人権侵害(名誉棄損他)の当事者化はNGと痛感中
  • 電力使用状況お知らせブログパーツ TEPCO版
    視覚的効果に依る、電力消費抑制にお役立てを

お薦め棋界関連書籍

無料ブログはココログ

ウェブページ