2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック

« 第67期C01級順位08回戦VS塚田九段(窪田▲)結果報告 | トップページ | 更新履歴 »

第22期竜王戦最終標的判明

[竜王戦中継plus]で長らくお楽しみ頂いた第21期竜王戦07番勝負は、[渡辺明(日本将棋連盟公式)竜王]が最終第07局に勝利し、通算04勝03敗で挑戦者の[羽生善治(同上)]四冠を退けて防衛に成功した。

一報に接して「こんな強い人が同じ地球上にいるとは信じられない」と慨嘆した。
個人的には諸事情に依り羽生四冠を応援申し上げていたが、今は素直に「渡辺永世竜王誕生、おめでとう!」と祝福させて頂く。
今は永世竜王の誕生が棋界にどれだけの経済効果をもたらすかに改めて思いを馳せ、現在進行中の[第22期竜王戦05組予選トーナメント(上記)]02回戦から遙か標的たる渡辺永世竜王及び竜王位を見据えている。
どれだけ永くそうし続けられるかが問題だが、渡辺竜王の兄弟子たる[宮田敦史(あつし)五段(連盟公式)]との対戦は新年01月中旬と決定した。
昨日未明、C01級順位戦08回戦後に東京将棋会館桂の間で宮田君と一緒になった折、ごく最近個人的に気になっている点を質してみた。
『私は身に覚えはない。煩わされてもいない』との由でささやかにほっとした(宮田君が微塵も絡まない真相に関しては、流石にネタ好きな私も華麗にthroughさせて頂く)。
昨今は心身共に溌剌としている様に見受けられて頼もしくすらある。
盤上では負けずに溌剌とした所を発揮し、皆さんに頼もしい結果を披露したい物だ。
本年の公式戦はC1級順位戦で終了した訳だが、未だ年越しの準備が色々と残っている。
来年は早々から対局が目白押しとなっている。
実家で新年を迎えてもお屠蘇気分をすっぱり切り上げて、01/05(月)の関東版指し初め式に臨みたい。

昨日-「△(指し掛け)」。本日-「●(敗北)」。

こよいは、ここまでにいたしとうございます(by【大井夫人@武田信玄】終話挨拶依り)。

追記
[今年の漢字:「変」に決まる 政治や経済など「変化」象徴(毎日jp12/12)]

協会はオバマ氏が当選した米大統領選や金融危機、気候異変など「変化」を象徴したとみている。

斯邦では変革の「変」が相応しいにせよ本邦では事変の「変」という感じであり、『万人の万人に対する闘争状態』に発展する前に国民生活に平和が訪れて欲しいと渇望して止まない。
私の場合来年は先ず「確変」狙いとなりそうだ。
来年の暮れに、清水寺で「妖」の一字が雄渾に揮毫されているかはさて置き(微苦笑)。

« 第67期C01級順位08回戦VS塚田九段(窪田▲)結果報告 | トップページ | 更新履歴 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

個人対局」カテゴリの記事

将棋作品」カテゴリの記事

窪田自身」カテゴリの記事

コメント

厳密には「大勝負に名局なし」の部類に入るかも知れませんが、webで閲覧しただけでも人間力対人間力の鬩ぎ合いを感じさせる一戦でした。
如何なる願望があるにせよ、結果が出れば取り敢えず受容せざるを得ません。とは言え偉大な事象の前ではそういった境地を先取りした上に、願望が邪心同様に感じられる事も多いでしょう。
私の場合第07局でそうはならなかった訳ですが、日頃から彼我を問わず振り駒の際には心を空白にし、結果にも速やかに甘んじています。
大人物と同時代に同業界で生き、主客はともあれ同時に語られれば勝負師としても喜びとなります。
主客を逆転させる気概がないと、喜ばせる側としては問題があるにせよ。
拙新著購入のご様子で何よりです。ご意見を頂くだけでも嬉しいですが、やはり入手なさった旨ご報告頂ければ手応えを感じます。
お互いに残り僅かな日々をより良く過ごして、'09年に繋げたい物です。

 竜王戦最終局、平日でしたので帰宅時には既に終局しており、手に汗握りつつネット観戦、という望みは叶いませんでしたが、結果を知ってから並べてみても大きな感動を禁じ得ませんでした。
 窪田六段の将棋の次に好きなのが羽生名人の将棋である私にとって自分でも意外だったのは、当初こそ羽生名人を応援していたのに、第7局に際しては「どちらが勝っても納得、それが歴史というものだ」「神が定めることなのかもしれない」という明鏡止水と言いますか諦念と言いますか完全にニュートラルな心境に変わっていたことです。勝負師としての凄さだけに限定されていない渡辺竜王の偉大さを改めて強く感じました。将来「渡辺初代永世竜王物語」といったテレビ番組が放映される際に、窪田-渡辺のC1最終局の終局後の写真(もしくは動画)がきっと出てくるだろうな、と今から期待しています。もっとも「窪田義行物語」の放映が更に嬉しいことは申し上げるに及びませんが。
 ご新著はまだ全局を盤に並べていないので軽率な感想は差し控えます。しかし「売れて当然だ」という第一印象が変わることはおそらくないでしょう。
 順位戦、竜王戦をはじめとする諸棋戦でのご活躍を心から切望しております。どうかよいお年を・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65884/43458188

この記事へのトラックバック一覧です: 第22期竜王戦最終標的判明:

« 第67期C01級順位08回戦VS塚田九段(窪田▲)結果報告 | トップページ | 更新履歴 »

ブログパーツ

  • TweetsWind
    吹き流されない程度に拙つぶやきの風をお感じ頂きたい
  • Twitterリンクをフォローする
    拙アカウントを未だフォローしておいででない方はこちらからもどうぞ
  • Twitterリンクを共有する
    拙ウェブログのアドレスをご紹介なさりたい方はこちらからどうぞ
  • @YoshiyukiKubotaへツイートする
    単発でも遠慮なくツイートをご送付頂きたい
  • #shogi をツイートする
    将棋に関する話題がおありの方はこの機会にどうぞ
  • BlogMail
    返事無用!のご意見ご感想をお気軽に。
    正式なご連絡の場合は各種必要事項をご記入あれ
  • 名人戦番勝負及び順位各組回戦対局日程
    名人戦番勝負及び順位各組回戦の対局予定が、一目瞭然!
    詳細は是非ご契約を
  • 日本将棋連盟モバイル 中継予定
    ライブ中継予定が気になるが、週刊将棋も対応端末も手元にない!
    そんな折りにも慌てずに
  • インターネット人権侵害問題対策バナー9
    相手が先輩であれ後輩であれ、ブログ記事等での人権侵害(名誉棄損他)の当事者化はNGと痛感中
  • 電力使用状況お知らせブログパーツ TEPCO版
    視覚的効果に依る、電力消費抑制にお役立てを

お薦め棋界関連書籍

無料ブログはココログ

ウェブページ