2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック

« 遅かりし風邪引き | トップページ | 更新履歴 »

闘棋の節句

今日は上巳(じょうし・じょうみ)の節句。

江戸時代以降は女子向けの雛祭りとして優雅な印象が強いが、嘗ては宮中で闘鶏の節供も催されていた。
方や将棋界では、A級順位戦最終09回戦一斉対局が行われる。
[名人戦棋譜速報(共催・登録制・有料)][将棋界の一番長い日(将棋と囲碁の番組紹介)]での中継、及び[A級順位戦最終局大盤解説会!!(東京将棋会館道場)][第66期A級順位戦 9回戦 大盤解説会(関西将棋会館道場)]でご観覧を楽しまれる方も多いかと思う。
闘士を闘鶏や闘犬扱いすると貶めている事になるにせよ、闘争本能に駆られて鎬を削る大小動物達の姿は、私も含む当人にとって感情移入に値する。
私は午後から東京将棋会館会館でVS岡崎洋(ひろし)六段の後、じっくり観戦するつもり。
今晩は適当に引き上げないとC02最終日観戦に差し障りそうだが、挑戦者&残り降級者がいつ判明するか次第となるだろう。

本日-「(記入時未定)leftright」。

こよいは、ここまでにいたしとうございます(by【大井夫人@武田信玄】終話挨拶依り)cloud

追記
【太宰治:「人間失格」はブログ文体? デスノートの小畑健の表紙で再び脚光(毎日jp02/26)】

という記事を目にした。

「太宰の文体はインターネットのブログの文体に似ている。特に『人間失格』の一人称のやわらかい語りは、深夜にメールを打つ手つきに近いのでは」と語る。

といった、舞台版人間失格演出の鵜山仁氏に依る意見も紹介されている。
『表紙を替えてジャケ買いさせれば勝ち』的論点に飽きたらず、太宰文学のIT社会に即した分析が展開されていて興味深い。
他02者の論評共々「時代が太宰文学に追い付いてしまった」という観点を看取している。
その分将棋刊行物への応用が難しくなっているし、convenience storeへの定着となると困難を極めている。
個人的には主人公・大庭葉蔵が体育の時間に飛び台で大コケして見せた時、同級生の竹久に『ワザ』と突っ込まれて動揺し、懐柔に乗り出した下りが印象深い。
現在版なら「空気読め」の一言で当座を凌ぎつつ、お笑いcombiを立ち上げるという方向で包摂したかも知れない。
文筆ならぬお笑いで女性愛好家を中心に人気獲得しつつ、「自分は笑わせているのか笑われているのか。自分の芸や存在は、本当に笑いに値するのか」と懊悩する葉蔵の姿が描かれるにせよ。

« 遅かりし風邪引き | トップページ | 更新履歴 »

ニュース」カテゴリの記事

将棋界」カテゴリの記事

窪田自身」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65884/40353499

この記事へのトラックバック一覧です: 闘棋の節句:

« 遅かりし風邪引き | トップページ | 更新履歴 »

ブログパーツ

  • TweetsWind
    吹き流されない程度に拙つぶやきの風をお感じ頂きたい
  • Twitterリンクをフォローする
    拙アカウントを未だフォローしておいででない方はこちらからもどうぞ
  • Twitterリンクを共有する
    拙ウェブログのアドレスをご紹介なさりたい方はこちらからどうぞ
  • @YoshiyukiKubotaへツイートする
    単発でも遠慮なくツイートをご送付頂きたい
  • #shogi をツイートする
    将棋に関する話題がおありの方はこの機会にどうぞ
  • BlogMail
    返事無用!のご意見ご感想をお気軽に。
    正式なご連絡の場合は各種必要事項をご記入あれ
  • 名人戦番勝負及び順位各組回戦対局日程
    名人戦番勝負及び順位各組回戦の対局予定が、一目瞭然!
    詳細は是非ご契約を
  • 日本将棋連盟モバイル 中継予定
    ライブ中継予定が気になるが、週刊将棋も対応端末も手元にない!
    そんな折りにも慌てずに
  • インターネット人権侵害問題対策バナー9
    相手が先輩であれ後輩であれ、ブログ記事等での人権侵害(名誉棄損他)の当事者化はNGと痛感中
  • 電力使用状況お知らせブログパーツ TEPCO版
    視覚的効果に依る、電力消費抑制にお役立てを

お薦め棋界関連書籍

無料ブログはココログ

ウェブページ