2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック

« 小路線変更 | トップページ | 協議と復帰 »

休息前の山嶺

[名人戦棋譜速報|主催:毎日新聞社]
C1順位戦は09月と10月続けて、月02局体制となっている。

殆どは10/10の第05戦が休み番で、私としても今日が直前の山場となる。
[豊川孝弘六段]
豊川さんとは随分対戦しており、非公式時代の銀河戦も含めて07戦し03勝04敗。順位戦では被っている時期こそ長いが01勝02敗となっている(註:成績は06/09/27時点。暫く後で豊川さんに、婉曲な仰り様ながらご指摘を受けた。汗顔しつつ今頃になって修正する。日頃20秒将棋で教えて頂いている物を[06/12/11改訂])。
昨今、松尾歩六段と千葉幸生(さきお)五段の検討を覗いた際『豊川さんは序盤は神経質な位慎重だが、終盤は気合いを通してくる』旨話していた。
私もそう認識しているし、似た所がある様に思う。

私の後手番だが、対抗型なら急戦が予想される。
相振り飛車はないと思うので、私がどこに振るとどう仕掛けられるかが考え所。
豊川さんならではの気迫を受け流して、戦い抜きたい。

デハミナサン、アテブレーベ・オブリガード(「ランシュー=クリストフ@信長 KING OF ZIPANGU」風)。

« 小路線変更 | トップページ | 協議と復帰 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

個人対局」カテゴリの記事

窪田自身」カテゴリの記事

コメント

welshrabbitさんへ
微に入り細を穿つご配慮で、遅ればせ乍ら感謝申し上げます。「ある程度自らを晒さないと人の心は掴めない」という点で、weblogにも通じる様です。

>「それ以外の生活」がゼロになっていまうまで嵌りこんでしまわぬ限り、なんら恥じるべきものではないと信じています。
将棋に関しては瀬川さんに始まるpro入り制度が発足しましたが、生活の彩りとして楽しまれた方が無難でしょう。そんな皆さんこそが棋界を支えている訳です。

>ゲーム、パズルはすべて偉大な存在だ、という趣旨のご発言にも全面的に賛成です。
昨今は大脳への生理作用というやや畸形的な観点で良否が語られ、良が勢力を伸ばしている様です。将棋も「アハ体験」辺りでお墨付きが欲しい所です(詰将棋が最適?)。楽しむ口実が増えたと考える方が、気楽かも知れませんが。

>プロ棋士としてむしろまた別のかたちで名前が売れたと割り切って考えればそれで済むことです。
飽きっぽい方々には、より高尚な形で棋界に興味を持って貰いたい物です。将棋fansを始め、そうでない皆さんには「人間臭さも備えた傑物」等と認知して頂くべく努めます。

>遅ればせながらC1順位戦勝利おめでとう
>ございます。
勝利は棋士を救います。相手は救い難い心境になるにせよ、一々心配する迄もなく這い上がるでしょう。

>窪田先生の物事を見る視点や文章が
>面白いと思ってずっと見て居たものですの>でいつかブログ更新を再開されることを
>希望します。
他の皆さんへもそうですが、お待たせしました。特異な視点や文体にせよお望みとあれば常識も美文も、と行きたいですが。

>では六段昇段とNHK杯ベスト4進出
>(NHK杯は今月中に収録でしょうか?)
>を祈ってペンを置きます。
ありがとう御座います。前者は新年を彩る慶事としたいです。後者は・・・『ペンを置きます』と言う事はpentabをご使用ですか?とボケて置きます。

窪田先生へ
遅ればせながらC1順位戦勝利おめでとう
ございます。

最後のブログ更新以来2ヶ月たちましたが
もうブログは辞めてしまわれるのでしょうか?

窪田先生の物事を見る視点や文章が
面白いと思ってずっと見て居たものですので
いつかブログ更新を再開されることを
希望します。

では六段昇段とNHK杯ベスト4進出
(NHK杯は今月中に収録でしょうか?)
を祈ってペンを置きます。

「ときメモ」というのがそもそも何であるのかすら今回の件でようやく一端を知ったような次第ですが、オークション三昧の生活は、自分にも大いに経験がありますし、「それ以外の生活」がゼロになっていまうまで嵌りこんでしまわぬ限り、なんら恥じるべきものではないと信じています。小生も日本のYahooに2年間、アメリカのe-bayに2年半入りびたり、もっぱら古版画など仕事に関係したアイテムばかりでしたが、その間平均一日一件以上落札し続けました。貯金が著しく減ったので反省して以降一時的に手を引いていますが、膨大な時間が浪費されたとは思っていません。ゲーム、パズルはすべて偉大な存在だ、という趣旨のご発言にも全面的に賛成です。日本国内で英語ナンバークロスの選手権が開催されたら、上位入賞も期待できるのではないか、などど開き直って夢見ているような有様です。窪田さんがネットオークション関係のくだらぬ風評を必要以上に気に悩む必要は全然ありませんよ。プロ棋士としてむしろまた別のかたちで名前が売れたと割り切って考えればそれで済むことです。

>当方のショックは比較的小さくてすみました。
私の父も阪神fanで、野村監督時代迄はTV中継を眺めては諦めの良さを発揮していた物です。普段なら最後の最後迄ご声援頂きたいですが、あの日は十全に力を発揮出来る精神状況ではなかった気がします[「(web上で色々目の当たりにして、受け流し切れなかった件もありました)」註:当発言で「」括弧内の文章が不適切な表現でしたので、06/12/05に改めました。ご了承下さい]。
あの02週間が過ぎた今では鍛造された感じを得ていますが、業物として斬れ味を揮う機会は少し先になりそうです。09月の総括を書きたいですが、どう纏めるべきでしょうか・・・

先日の順位戦は残念な結果でしたが、形勢を悲観して途中で諦めてしまっていたので(ファンとしては失格もの!)当方のショックは比較的小さくてすみました。一旦は屈服して相手の言い分を全部通すという豊川六段の屈伸戦法が印象に残っています。とりあえず「▲5九の角は天王山」というのを私家版将棋格言集に加えておきました。
混戦になっていますが、今年は順位が良いのでまだまだこれから、今後のご奮闘を大いに期待しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65884/12030065

この記事へのトラックバック一覧です: 休息前の山嶺:

» 【将棋】棋士のブログ紹介(1) [TOEIC990点を目指す。]
今週の週刊将棋に「ブログ特集」が組まれている。 ブログを通して、将棋の普及に努めようとする姿勢は素晴らしい。 今回は男性棋士のブログを一つずつ紹介する。 ■渡辺明ブログ http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira 更新頻度が高く、内容も自戦の解説から競馬の予想まで幅広い。 棋士ブログブームの火付け役である。 ■魂の一手で勝負!(山崎七段) http://blog.yomone.jp/yamasaki/ 渡辺竜王とは対照的に更新頻度は低く、内容もやや悲... [続きを読む]

« 小路線変更 | トップページ | 協議と復帰 »

ブログパーツ

  • TweetsWind
    吹き流されない程度に拙つぶやきの風をお感じ頂きたい
  • Twitterリンクをフォローする
    拙アカウントを未だフォローしておいででない方はこちらからもどうぞ
  • Twitterリンクを共有する
    拙ウェブログのアドレスをご紹介なさりたい方はこちらからどうぞ
  • @YoshiyukiKubotaへツイートする
    単発でも遠慮なくツイートをご送付頂きたい
  • #shogi をツイートする
    将棋に関する話題がおありの方はこの機会にどうぞ
  • BlogMail
    返事無用!のご意見ご感想をお気軽に。
    正式なご連絡の場合は各種必要事項をご記入あれ
  • 名人戦番勝負及び順位各組回戦対局日程
    名人戦番勝負及び順位各組回戦の対局予定が、一目瞭然!
    詳細は是非ご契約を
  • 日本将棋連盟モバイル 中継予定
    ライブ中継予定が気になるが、週刊将棋も対応端末も手元にない!
    そんな折りにも慌てずに
  • インターネット人権侵害問題対策バナー9
    相手が先輩であれ後輩であれ、ブログ記事等での人権侵害(名誉棄損他)の当事者化はNGと痛感中
  • 電力使用状況お知らせブログパーツ TEPCO版
    視覚的効果に依る、電力消費抑制にお役立てを

お薦め棋界関連書籍

無料ブログはココログ

ウェブページ