2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック

« 軽く一杯 | トップページ | 週刊日記? »

暑熱到来!

いよいよ07月。
海開きを契機に海水浴が気になるが、
【水質調査、17カ所すべてで「A」以上--県 /茨城】我乍ら誇らしい。

今井浜海岸・今井荘眼前の浜では海の家建設の追い込みを掛けていたが、今頃瀟洒な施設が完成しているだろうか。

どうも更新が遅いので、昨今の行動をかいつまんで。
06/28は東中野研。
▲VS大島七段は、大島先生の高田流模様から四間飛車VS玉頭位取りに。大島先生に誤算があり猛攻が決まって勝利。
▲VS北島六段は、▲7六歩△8四歩▲5六歩から5筋を交換し、角交換向飛車に転戦して捌いた。
終盤冴えず敗退。
対局前の雑談で瀬川さんpro入りtestや吉田正和朝日アマ選手権者他、昨今の話題豊富に鑑みて盛り上がる。
吉田君の加瀬純一六段門入りは、神辺忠宏ama(かんべ ただひろ:長沢女流のご夫君)-【長沢千和子女流四段(ちかこ:加瀬六段の妹弟子)】というlineで決定されたそう。
かの辛口三羽烏・卵君の弟弟子であり、お互い良い刺激になるといい。
辛口卵の次に荒口卵等と、発展するだろうか。
【紀伊国屋ホール】公開対局第01局は、棋士でも目下売れ行き好調のticketを買わないと観覧出来ない(報道関係控え室には入れる。monitorsで観覧する事になるだろうか)。
【瀬川晶司氏のフリークラス編入試験放送決定】ともあれ動画ではcheckingしたい。

大島先生は研修会幹事だけに、我が古巣に就いて色々伺う。
『弁当を改善して会員の好みを反映し経費も浮いたが、一流棋士を指導に呼ぶ為謝礼がかさむ』。
C1五段ならお値打ち価格だが(微苦笑)。
【2005年度奨励会入会試験(級位受験)】吉田君にも絡む、初段試験が記載されていない。
ともあれ、01次試験免除者の02日迄は筆記の後潰れてしまう点、大島先生憤慨されていた。
因みに筆記の内訳は作文の他、将棋常識問題・詰将棋・次の一手・局面AからBへの手順推理等色々。
以前は【将棋世界(情報は08月号)】誌上で問題のみ紹介されていた。
手順から図面を作成し、何カ所かで合計消費時間も記載する記録係適性に関わる物も存在した。

地方出身者が問題になる訳だが、師匠や兄弟子に稽古を付けて貰う等、対応法はなくもない。
私が南関東人らしく疎かった、と気付かされもしたが。
合理的にするなら全員の筆記を最終日対局の前後に回すといった手もある訳だが、最終日の比重が重すぎる。
01次失格者とは言え筆記抜きは、再受験も鑑みて問題あり。

いっそ筆記書類は現場で手交し、郵便返送で構わないのでは考える。
中座真(まこと)幹事にもお話したが、作文のみならず問題も(不合格者も含む)受験者が自分を見詰め直す為の要素がある。
寧ろ、それを重視したい。
『作り物じみた次の一手は余り意欲が沸かない。自分なりの大局観を磨きたい』『つい名人の系譜やtitlesの経緯を調べ書きしてしまったが、今後大いに大先輩の事跡を学びたい』etc.
当人の自覚と見解を、向上心に結び付けられれば良いだろう。

大島先生には、「論旨はご尤もと思いますので、先生が陳情されれば案外すんなり通るのでは?」advice申し上げた。
いつもは柔和ではにかんだ表情が多いが、この折りばかりは微苦笑しておいでだった様な(以上、大意14:00upload)。

06/30は午後から連盟でVS泉正樹七段。
先手-後手の順で02局。01局目は▲7六歩△3四歩▲1六歩△8四歩▲1五歩の出だしから、角交換中飛車に一筋から逆襲され乱戦へ。どうにか辛勝。
02局目は3二銀-5四歩型四間飛車に対し、5七銀左型から-▲3八飛-▲3七銀-▲3五歩と捻った仕掛け。10年以上前良く指した型の応用で反撃し、図に当たって制勝。
03Fの事務所で、植山悦行(よしゆき)六段にお会いする。
思い切って、中井広恵女流六段VS瀬川昌司amaに就いて伺った。『会長から勧めがあり、理事会で女流棋士の立場&待遇改善を検討する条件の元、承知した』。
以前からの主張が一応容れられたから、という事の様。pro(正会員)入りへの希望云々は特に聴かなかった。
これなら、今回の出馬も賛成したい。

07/01も、連盟04F桂でVS櫛田陽一六段。
01局目は先手。▲7六歩△3四歩▲1六歩△8四歩▲1五歩△8五歩▲7七角から、角交換されず向飛車美濃VS居飛穴へ。駒組が甘く、仕掛けられてから終始押されたが、どうにか逆転。
02局目は後手。5七銀左型VS四間飛車3二銀-6四歩型で、▲3五歩から山田定跡へ。工夫したつもりが物にならず惨敗。

終了後は、【Mainichi INTERACTIVE 名人戦速報】B1順位戦と、
【第24回朝日オープン 予選2回戦速報】▲浦野真彦七段VS吉田正和ama(勝)を観戦。
B1は、振飛車が▲木村一基七段(勝)VS野月浩貴七段の01局のみで残念な気がした。なかなか玄妙奇怪な内容で堪能したが。
浦野VS吉田は浦野先生が転んだという事になるが、吉田君の指し振りは今後も興味をそそる物がある。
午後からいらしていた近藤正和五段が(住まいの関係でほぼ毎日連盟通い)、『こうなったら窪ちゃんの小宇宙をぶつけないと駄目だね』。
余り誉められた気はしなかったが、「小宇宙を充実させて見るか」と前向きになれた。
吉田君は妖宇宙(よううちゅう)とでもなるだろうか。
本戦で当たるかはともかく、色々気になりそうだ。

結局、22時前に退席。

02日はちょっとした予定の狂いに依り、又連盟で朝日▲小野修一七段(勝)VS桐山隆amaを観戦。
02F道場や遊々将棋塾の盛況振りを目の当たりにし、何となくほっとする。
桐山さんの応援にいらしていた渡邉徳之(のりゆき)amaと色々話し、蒲田道場時代の吉田君の話題に。
団体戦他ama棋界の勇名でも知られる、【ジュポン化粧品】勤務の池田将(まさる)元奨励会二段(両人は同僚)が、指導他相当に面倒を見ていたそう。
池田君は非常に礼儀正しく、取り分け丁重な挨拶が印象に残っている。
とは言え『強いのは池田さんだけだ』旨の発言もあったそうで、薫陶が完全には行き届かなかったかも(蒲田道場だけに、強豪amaの皆さん多数に揉まれていた)。
昨今はVS有吉道夫九段に向けた、謙虚な発言も報じられている訳だが。

将棋もつぶさに観戦。
小野先生の腰の重さや堅実さが、桐山さんのそれをすっぽり覆った感じで快勝となった。

27-「△(指し掛け)」。28-「○(勝利)」。29-「●(敗北)」。30-「○(勝利)」。07/01-「○(勝利)」。02-「△(指し掛け)」。

デハ-ナサン、アテブレーベ・オブリガード(「ランシュー=クリストフ@信長 KING OF ZIPANGU」風)。

« 軽く一杯 | トップページ | 週刊日記? »

将棋界」カテゴリの記事

窪田自身」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65884/4796484

この記事へのトラックバック一覧です: 暑熱到来!:

» 吉田アマ名人 二回戦突破 第24回朝日オープン 予選2回戦速報 [好むと好まざるとにかかわらず]
棋譜はこちら。対局の様子はこちら。すげえ、、。浦野七段って順位戦B2クラスに在籍する関西の中堅棋士。詰め将棋作家としても有名で最近確か単手数の本を出版されたばかり。っていうか浦野さんて全然弱くないですからね!むしろ強い。浦野プロの通算成績はこちら吉田アマ...... [続きを読む]

« 軽く一杯 | トップページ | 週刊日記? »

ブログパーツ

  • TweetsWind
    吹き流されない程度に拙つぶやきの風をお感じ頂きたい
  • Twitterリンクをフォローする
    拙アカウントを未だフォローしておいででない方はこちらからもどうぞ
  • Twitterリンクを共有する
    拙ウェブログのアドレスをご紹介なさりたい方はこちらからどうぞ
  • @YoshiyukiKubotaへツイートする
    単発でも遠慮なくツイートをご送付頂きたい
  • #shogi をツイートする
    将棋に関する話題がおありの方はこの機会にどうぞ
  • BlogMail
    返事無用!のご意見ご感想をお気軽に。
    正式なご連絡の場合は各種必要事項をご記入あれ
  • 名人戦番勝負及び順位各組回戦対局日程
    名人戦番勝負及び順位各組回戦の対局予定が、一目瞭然!
    詳細は是非ご契約を
  • 日本将棋連盟モバイル 中継予定
    ライブ中継予定が気になるが、週刊将棋も対応端末も手元にない!
    そんな折りにも慌てずに
  • インターネット人権侵害問題対策バナー9
    相手が先輩であれ後輩であれ、ブログ記事等での人権侵害(名誉棄損他)の当事者化はNGと痛感中
  • 電力使用状況お知らせブログパーツ TEPCO版
    視覚的効果に依る、電力消費抑制にお役立てを

お薦め棋界関連書籍

無料ブログはココログ

ウェブページ