2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック

« 更新履歴 | トップページ | 春の再戦 »

西国受難

【羽生、終盤逆転し連勝 第23回朝日オープン将棋】先週の余韻も冷めやらぬ中、【福岡県西方沖地震】に今日の宝塚(福知山)線脱線事故

東京の私からは西国と纏めて想いたくなる。
災害に関して死亡者に哀悼、遭難者にお見舞いを慎んで申し上げる。
【関西公式】には25日現在、棋士他の遭難は報告されておらず、せめてもの幸いというべきか。
山﨑隆之六段に関しては、兄弟子たる増田裕司五段に指摘されて気付いたが、新年度から06連敗をかこっていた。
22日の王将戦01次予選・VS村田智弘(ともひろ)四段は堂々の勝利と言える内容だったが、関西のfansは谷川浩司九段共々、お気掛かりな日々かと思う。

【Mainichi INTERACTIVE 名人戦速報】第02局は打って変わってくだけた展開となった。
BS中継の解説が藤井猛九段と齊田晴子女流四段。森内俊之名人の13手目▲2七銀に『これで解説し易くなりましたね』。
藤井さんのホッとした声が印象的だった。早々に駒がぶつかって解説し易い棒銀のみならず、16手目△4二飛の筋迄視野に入っていたかも。
22手目の封じ手では候補に△3五歩も挙げられている。
▲同銀△4五歩▲4八飛△4六歩▲同銀△3九角!なら一応撃って出た甲斐があるが、▲4七銀といなされて△3四銀となかなか上がれない以上、傷になる危険もある。
△7二玉が普通だが、離れ駒を避けつつ囲う△7二金を挙げたい。

24日にantivirus softのupdateに絡み、PCに障害発生。25日も【名人 関根金次郎の生涯】を観覧した関係で復旧が遅れる。
会場は【関宿(旧千葉県関宿町・野田市と合併)総合公園体育館】。open記念でいわばこけら落とし。
関係者の皆様は設備的に苦労されたと思うが、逆手に取った風の構成で退屈せずに楽しめた。個人的には木村義雄十四世名人が重要な役回りで、なかなか凛々しく感じられた。
棋士関係は私と三枚堂達也(さんまいどう・内藤國雄九段門下)六級の二人だけだったが、確かに東京からは遠かったとしみじみ(帰路は宮本聡之さん達と合流し、楽をさせて頂いた)。

19-「○(勝利)」20-「●(敗北)」21-「○(勝利)」22-「△(指し掛け)」23-「●(敗北)」24-「△(指し掛け)」25-「△(指し掛け)」。今は詳説を避ける。後程それなりに触れたいと思う。

デハミナサン、アテブレーベ・オブリガード(「ランシュー=クリストフ@信長 KING OF ZIPANGU」風)。

« 更新履歴 | トップページ | 春の再戦 »

個人対局」カテゴリの記事

将棋界」カテゴリの記事

窪田自身」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65884/3856063

この記事へのトラックバック一覧です: 西国受難:

« 更新履歴 | トップページ | 春の再戦 »

ブログパーツ

  • TweetsWind
    吹き流されない程度に拙つぶやきの風をお感じ頂きたい
  • Twitterリンクをフォローする
    拙アカウントを未だフォローしておいででない方はこちらからもどうぞ
  • Twitterリンクを共有する
    拙ウェブログのアドレスをご紹介なさりたい方はこちらからどうぞ
  • @YoshiyukiKubotaへツイートする
    単発でも遠慮なくツイートをご送付頂きたい
  • #shogi をツイートする
    将棋に関する話題がおありの方はこの機会にどうぞ
  • BlogMail
    返事無用!のご意見ご感想をお気軽に。
    正式なご連絡の場合は各種必要事項をご記入あれ
  • 名人戦番勝負及び順位各組回戦対局日程
    名人戦番勝負及び順位各組回戦の対局予定が、一目瞭然!
    詳細は是非ご契約を
  • 日本将棋連盟モバイル 中継予定
    ライブ中継予定が気になるが、週刊将棋も対応端末も手元にない!
    そんな折りにも慌てずに
  • インターネット人権侵害問題対策バナー9
    相手が先輩であれ後輩であれ、ブログ記事等での人権侵害(名誉棄損他)の当事者化はNGと痛感中
  • 電力使用状況お知らせブログパーツ TEPCO版
    視覚的効果に依る、電力消費抑制にお役立てを

お薦め棋界関連書籍

無料ブログはココログ

ウェブページ