2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック

« 名人戦の春、棋界の春 | トップページ | 遺訓 »

出陣とcurry

【海軍さんのカレー(調味商事)】がお気に入り。

対局の朝も、時間に余裕があれば食べている。
以前は01袋\1,200の【元帥】も販売されていたが、旨み抜群の葉山牛がゴツく顎が疲れたのを覚えている(微苦笑)。
navyblueのpackageに、所謂【櫻に錨】が描かれているが、特に史観&思想色はない。
皆さんも量販店で見掛けた折り等、如何だろうか。

【Mainichi INTERACTIVE 名人戦速報】
名人戦第01局が終了した。両対局者他関係者皆様に、お疲れ様と申し上げる。
まず好局と思う。
私の予想は外れたが、そもそも7七銀を進撃させる発想はなく脱帽。
とは言え、羽生善治四冠が反動を懸念して踏み込めない情勢から、森内俊之名人が腰の入った反撃。
途中は流石に後手が有利と思ったが、攻勢に転じられてからは、どうも精彩がない。
85手目▲5六桂でぴったり攻めが止まり、4九銀の質を見越した△8四歩も、逆に7九銀が質となり奏功しなかった。
戻って71手△2四歩に▲8八玉。渋い応酬ついでに△3四飛成はなかったか。▲3七歩の一手だが△2九馬▲3八銀△1八馬で手厚そうだ。
どこかで▲7四桂の牽制が気になるが、最終的には攻め合いで差し支えないと思う。
因みに馬引きを急ぎたいが、△6四馬や△7三馬は緩い。△5五馬は▲5六歩△同馬▲5七銀打で▲2八角も絡み煩わしいと思う。

(以下、trackbacks及びcommentsにそこはかとなく言及しようと思ったが、又前者を頂いた為後回し。手応えのある物が結構来ていると思う)。

文面は夜半に作成したが、一晩寝かせて確認し、upload。
翌朝早くもない限りはこの手で行きたい。
curryと同様、熟れた旨みが出ると良いが(対局結果を予想した場合09:30迄に掲載しないと間が抜ける、といった難がある。08:00にでも設定して辻褄を合わせようか)。

13-「△(指し掛け)」。用事がなければ【解説会於三井55ひろば】に行きたかった。「○(勝利)」だったろう。

デハミナサン、アテブレーベ・オブリガード(「ランシュー=クリストフ@信長 KING OF ZIPANGU」風)。

追記
棋士がnetで解説を物する場合、NHKや銀河戦本放送の解説・BS中継はともあれ、有料中継には配慮すべきかも。
copy&paste同然に堕する事なく、補足する形で自分なりの見識を披露し、興味を励起出来ればbestだ。

« 名人戦の春、棋界の春 | トップページ | 遺訓 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

将棋界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65884/3692127

この記事へのトラックバック一覧です: 出陣とcurry:

« 名人戦の春、棋界の春 | トップページ | 遺訓 »

ブログパーツ

  • TweetsWind
    吹き流されない程度に拙つぶやきの風をお感じ頂きたい
  • Twitterリンクをフォローする
    拙アカウントを未だフォローしておいででない方はこちらからもどうぞ
  • Twitterリンクを共有する
    拙ウェブログのアドレスをご紹介なさりたい方はこちらからどうぞ
  • @YoshiyukiKubotaへツイートする
    単発でも遠慮なくツイートをご送付頂きたい
  • #shogi をツイートする
    将棋に関する話題がおありの方はこの機会にどうぞ
  • BlogMail
    返事無用!のご意見ご感想をお気軽に。
    正式なご連絡の場合は各種必要事項をご記入あれ
  • 名人戦番勝負及び順位各組回戦対局日程
    名人戦番勝負及び順位各組回戦の対局予定が、一目瞭然!
    詳細は是非ご契約を
  • 日本将棋連盟モバイル 中継予定
    ライブ中継予定が気になるが、週刊将棋も対応端末も手元にない!
    そんな折りにも慌てずに
  • インターネット人権侵害問題対策バナー9
    相手が先輩であれ後輩であれ、ブログ記事等での人権侵害(名誉棄損他)の当事者化はNGと痛感中
  • 電力使用状況お知らせブログパーツ TEPCO版
    視覚的効果に依る、電力消費抑制にお役立てを

お薦め棋界関連書籍

無料ブログはココログ

ウェブページ