2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック

« 黄金の日日 | トップページ | 出陣! »

踏み込みとslipping

相手が01分将棋に入った場合も意識してしまう傾向があるが、早指しとなると尚更。

昨今は自分の棋風が見えて来た気がするが、早指しの場合攻勢に逸ってしまうらしい。
先ずは橋本崇載新五段の誕生を慶賀する。【連盟公式】。記録のページの定点観測に依り、更なる何かを察知した方もおいでやも。
乞うご期待!と根拠もなく述べてみる(註:新年度になり本戦tournament表も公開された。VS井上慶太八段、私も興味深い)。

某日(註:02/24)のNHK杯予選VS熊坂学(まなぶ)四段。盤を挟んで顔を眺めるのは始めて。
橋本君もそうだが、大人しげでも引き締まると一味も二味も増して来る。

050224vs01

昨今の熊坂将棋は、02/09の龍王戦06組VS▲安西勝一六段の勝局も観ていた。正直どうした物かと思わされたが、この将棋は手が伸びていた様だ。
▲6六銀に図の△2四角。上手く打ち気を逸らされてしまった。この間もこんな事があり学習能力を問われるが(苦笑)、▲7八飛は先手番の手ではない。
▲5五歩△4五歩に▲4八飛の一手。以下△4二飛は▲4九飛、捻って△6四銀は更に捻り▲3五歩。いずれも、居飛車の右桂が働く前に先端を開ける。
感想戦で▲3五歩の局面を作り「これで三歩ぶつかる。やっとamateur初段の将棋に出来たよ」我乍らだらしない声を出した。
ともあれ▲4八飛が閃いていなかったのは、情けない。

050224vs02

随分大味な作りになった。角銀交換から△5四歩の辛抱に▲4五銀と絡んだ。△8八角でも▲5五歩△同歩▲5八飛△9九角成で居飛車が良いのだが、△5五銀!とは手が伸びている。
こちらはslipping気味のままに▲同飛△同歩▲5四歩△同金▲同銀△同飛▲4三銀と攻め付け、△4四飛▲5四金で飛を取り返す。
思えば04局連続、金打で飛を逮捕する将棋を指している(微苦笑)。本譜は居飛穴の薄さが、さ程響かなかった様だ。

050224vs03

▲4八銀の踏ん張りに△4六角左。
満を持した見事な踏み込み。いつもこうなら正に将棋が楽しいとした物。私が早指しだと踏み込みが良すぎる点と、好対照となった。
以下▲同金△同角成▲3二飛△同金▲4一角と嫌らしくしたが、落ち着いて△3一金▲2三角成△2六銀で万事休す。
無念の敗退となった。

***********************************************

【渡辺明ブログ02/23】。棋士が事後とは言え棋士会の日時と、自らの参加を語る。画期的だと思うし、私も建設的な話題に振り易い。
些細な事だが渡辺明龍王に感謝。
blog&日記での情報公開基準に就いて色々考えたが、後程語りたい。
【せんすぶろぐ0224】。『(ソフト指し)』は的確な意見だと思う。
softsの学習能力を評価すれば【ポケモンバトル】の要領で楽しめる(自分なりに鍛えてあれば尚更)。相手の実力がどうあれratingと乖離していなければ問題ないのは、人間VS人間と同様。
私としてはsoftsにお金を出して下さっている以上(P2Pの存在はこの際無視)、大会会場に持ち込みでもしない限り、どう活用して頂いても構わない。
人間指し(「生指し」?)かsofts指しかを表明するsystemsが導入され、softs指しを装う生指しが出現する位が寧ろ面白い、と夢想する。
『(景気後退は深刻なのか)』相横歩取り隆盛の兆は、私も大歓迎。oldfansの回帰を促せるし、じき週刊将棋で特集が組まれるであろう(と予言)。

対局当事者の棋士がその日の結果を自分のブログに書くことを遠慮するような自己規制、遠慮の中では大きな話などできないでしょう。

このご意見は早計だったかと思う。
死せる原田泰夫九段(を挙げて)、生ける渡辺龍王を走らす。あちらはcomments欄が機能している様だから、是非お試しあれ、と申し上げる。

【02/23週刊将棋の瀬川氏プロ入り】。色々面白い着眼点だが、「tournament pro志向にあらざれば棋士にあらず」バリバリの若手でも公言する人間はいない。
▲7六歩△3四歩▲1六歩を知らないが教え上手の棋士なら、どっかの先手で▲1六歩を付きまくっているが、今期&通算成績がどうにか05割の自称若手より、余程偉いであろう。
【特例はだめ】【せっかくの話題だからイベントに仕上げて集金するようにせよ】花村元司九段はいずれにも抵触しており、弟子として低頭したい。
後者は師匠と金主氏のみ、集金に成功した訳であるし(微笑)。

【週刊将棋03/02号】を観る。
今は13面『緊急特集・瀬川アマの「プロ入り問題」』に興味が持てない。そもそも私は立案者にも構成者にもなれないであろう。単純な意思表示の際には遠慮しないにせよ。
寧ろぱっと見で12面と13面の関連性を思った方もおいでやも。02個setで某棋戦第01回戦の対局料を上回る、賽子か・・・
23面『第76期棋聖戦』。いよいよだ!!実は未だ作戦を決定していない。中原誠永世十段のお顔を拝見してから選択しようか。

この面では軽く触れられている。敢えて注文を付けるなら、「立って柱に凭れつつ感想戦開始を眺める、偉そうな御仁」を写しては拙い。対局者から遠く、対局者は気にしていなかった訳だが。因みに盤面が見易い距離で静止して眺める時は、正座が望ましい。実際には中腰も多いにせよ。
22面『次号のみどころ』。『棋聖16期の大豪中原に、初の決勝トーナメントを狙う窪田が振飛車で挑む』へえ、そうなんですか(笑)。私も先手に03手目角交換をされれば自信がない。。△6二飛▲3四角△4二飛は▲5六角から向飛車にされて辛い。△2二同銀▲4五角に△8五角では相振り決定。
まあ相振りなら、大目に見て貰えるか(苦笑)。
24面から観ていったので何となく04-05面を眺めたが、01-03面に至って愕然。週刊新聞の速報性を以てしてもまるで追い付かない!値上げの折りでもあり、紙mediaと人間の相性の良さを主張したい。
紙で読み、思考し(棋譜並べを含む)、必要があれば電子媒体に記録(scanning)という流れになろう。

(前略)紙の書類だ。これが古代中国人の手で発明されてから四000年ちかく経過しているが(註・西暦3,600年頃)、人類は文字を記述するのにこれ以上のものをついに発明できなかった。(後略:徳間書店刊・銀河英雄伝説01巻P.43より)。

因みに05面『序盤のポイント』。厳密には09手目に、一旦▲2五歩。△2二飛を待って▲5三角なら△4二角がなく堅実だ。これを改良したのが山﨑流向飛車(と呼称する)で、△3三角の代わりにいきなり△8八角成▲同銀△2二飛と振る。

01

一手損で棋理に反している気もするが、後手番なら気楽。
【丸山ワクチン】から△5二飛-△2二飛の手順に比べて、居飛車の左銀活用を限定してもいる。

ともあれ又同じ方に繰り返し祝辞を述べる事になる。何とか私の手でお手間を軽減して差し上げたい、と大言壮語。

23-「△(指し掛け)」棋士会に参加。他にも所用があり、対局準備は程々。25-「●(敗北)」【N響メンバーによるイブニングコンサート】を堪能。すぎやまこういち氏が参画されているだけに、【ドラゴンクエスト(Ⅲ)】関連の曲目多し。NHK営業局新宿営業center長のご挨拶が、時節柄やけに丁重だった(微苦笑)。26-「●(敗北)」。所用は多かったが。27-「△(指し掛け)」。

デハミナサン、アテブレーベ・オブリガード(「ランシュー=クリストフ@信長 KING OF ZIPANGU」風)。

追記
【若手棋士の日記02/27】。遂に来たか!まあ渡辺君は驚き過ぎな気がする。当該の写真は大体見当が付くし(苦笑)、真面目なsiteでつい掲載していただけかも知れない。
肖像権侵害云々以前に、trackbacks等黙って削除してしまえばいい。
当ブログの趣旨にそぐわない物は削除します旨前置きがあれば、丁重とした物だ。

【大平の本音。02/24】。両方共読めない。前日が前日だけに残念でならない。(註:程なく読める様になったが、丁度左隣に座っていた人間として少々物足りない。尊敬する大棋士や発言を約してくれた先輩のそれが、常識人じみた一般論然としていたかどうか。所見が興味深い)。
25-26日分では、折角の新潟入りにしては発言に関し厳重に予防線を張り、準拠した様だ。
commentsを見ると24日分共々惜しむ声がない。まあ、諫言も論争もcomments覧には似合わない気がする。
生臭くならずにそれらを行う為に、trackbacksが存在するのかも知れない。

因みに「武藏國日記」に対しては、引用や引用としてのlinksを元に批評して頂いて構わない。現に私もしている。topへのlinkは、linkspage以外でもお断りするが。

対局反省回顧が中途の状態で他事を書き過ぎると、完成時に行数が極めて増大する。以後配慮したい。

« 黄金の日日 | トップページ | 出陣! »

個人対局」カテゴリの記事

将棋界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65884/3611653

この記事へのトラックバック一覧です: 踏み込みとslipping:

« 黄金の日日 | トップページ | 出陣! »

ブログパーツ

  • TweetsWind
    吹き流されない程度に拙つぶやきの風をお感じ頂きたい
  • Twitterリンクをフォローする
    拙アカウントを未だフォローしておいででない方はこちらからもどうぞ
  • Twitterリンクを共有する
    拙ウェブログのアドレスをご紹介なさりたい方はこちらからどうぞ
  • @YoshiyukiKubotaへツイートする
    単発でも遠慮なくツイートをご送付頂きたい
  • #shogi をツイートする
    将棋に関する話題がおありの方はこの機会にどうぞ
  • BlogMail
    返事無用!のご意見ご感想をお気軽に。
    正式なご連絡の場合は各種必要事項をご記入あれ
  • 名人戦番勝負及び順位各組回戦対局日程
    名人戦番勝負及び順位各組回戦の対局予定が、一目瞭然!
    詳細は是非ご契約を
  • 日本将棋連盟モバイル 中継予定
    ライブ中継予定が気になるが、週刊将棋も対応端末も手元にない!
    そんな折りにも慌てずに
  • インターネット人権侵害問題対策バナー9
    相手が先輩であれ後輩であれ、ブログ記事等での人権侵害(名誉棄損他)の当事者化はNGと痛感中
  • 電力使用状況お知らせブログパーツ TEPCO版
    視覚的効果に依る、電力消費抑制にお役立てを

お薦め棋界関連書籍

無料ブログはココログ

ウェブページ